Windows10 Home に mac からリモートデスクトップする

2018/05/03   #Windows 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows10 Home エディションの場合、リモートデスクトップできない(Pro とかそういうエディションじゃないとダメ)。
が、 RDP Wrapper Library というものがあり、それを使わせてもらうと、Home エディションでもリモートデスクトップできるようになるらしい。

Windows 10 Homeでリモートデスクトップ機能を10分で使えるようにする方法 - ごだいぶろぐ|頭がレリーズしている26歳の雑記ブログ

というわけで試してみた

RDP Wrapper Library のインストーラをダウンロードする

GitHub に公開されている。
Releases から zip をダウンロードする。
Releases · stascorp/rdpwrap
(私の環境では msi だとインストールできませんでした)

rdpwrap をインストールする

zip を解凍し、

  1. install.bat をダブルクリック
  2. コマンドプロンプトが立ち上がり、何かキーを押せと出るので何か押す
  3. update.bat をダブルクリック
  4. コマンドプロンプトが立ち上がり、何かキーを押せと出るので何か押す

手応えない感じだがこれで完了。

リモートデスクトップしてみる

同じ LAN 内の mac からリモートデスクトップしてみる。
mac 側 には Microsoft Remote Desktop をインストールしておく。

で、Windows 側でコマンドプロンプトを立ち上げ、ipconfig で IP アドレスを確認。
mac 側からリモートデスクトップするとあっさり繋がった。すばらしい!

Windows Update したらリモートデスクトップが使えなくなった場合

大きな Windows Update などを実施すると、再びリモートデスクトップが使えなくなる。
リモートデスクトップ用の DLL である C:\Windows\system32\rfxvmt.dll が消えてしまうのが原因らしい。

64-bit Windows 10用 rfxvmt.zip

Windowsアップデートによってリモートデスクトップできなくなった場合の対処 - Qiita

rfxvmt.dll をコピー後、rdpwrap を再インストール(上記 install.bat → update.bat)。 これで再び使えるようになる。