SSD搭載ネットブックに入れてあったUbuntu11.10をMac風のルック&フィールにして、MacbookAir気分を味わおうという作戦。
Macbuntuとその他もろもろを使います。

Macbuntu

まずは、 Macbuntu で大体のところをMacライク化します。

インストーラーの入手

  • /usr/local/src などで、
    $ wget http://sourceforge.net/projects/macbuntu/files/macbuntu-10.10/v2.3/Macbuntu-10.10.tar.gz/download
    
  • tarを展開
    $ tar xzvf Macbuntu-10.10.tar.gz
    

インストールスクリプトを少し修正

Ubuntu11.10にMacbuntu10.10を入れるという若干のバージョン相違の関係上、少し修正が必要な模様。
参考 : How to install Mac theme (Transformation pack) on Ubuntu 11.10 | 7CHIP.COM

$ cd Macbuntu-10.10/
$ vi install.sh

これを

chk_system()
{ echo “” echo “Checking Ubuntu version…” s=`cat /etc/issue | grep -i “$UBUNTU”` if [ ! -n “$s” ]; then echo “Failed. System not supported, script will end here” echo “To ignore their compatibility with current OS try ./install.sh force” echo “Exiting…” exit 1; fi echo “Passed”
}


こう修正する

chk_system()
{ echo “Passed”
}

インストール実行

install.shを実行します。


$ ./install.sh

cairo-dock

MacbuntuではDockとしてDockyがインストールされるが、より高機能な cairo-dock をインストールします。

  1. aptitudeコマンドでcairo-dockをインストール
    $ sudo aptitude install cario-dock
    
  2. aptitudeコマンドがない場合は、Ubuntuソフトウェアセンターでインストール
    検索でaptitudeと入力してinstall
  3. Dockyは自動起動しないようにしておく
    1. winキーを押して、「ses」と入力
    2. Startup Applicationsをクリックして起動
    3. 自動起動からはずす
    4. 代わりにcairo-dockを自動起動するようにする
      • 「Cairo-Dock(no OpenGL)」
      • commandは「cairo-dock -c」

VL Gothic

Macbuntuにフィットする見た目が美しいいい感じの VL Gothicフォント も入れておく。

$ sudo apt-get install fonts-vlgothic

完成

こんな感じになりました!

特に動作が遅くなったりはしてません。